テーマ:脳卒中に学ぶ Learn from Stroke

演題募集

演題募集は、すべてインターネットによるオンライン登録で受け付けます。
一般演題は、口演または掲示方式によるポスターとします。ご希望の発表形式と演題応募区分をお選びください。採用の段階でご希望と異なるセッションでのご発表をお願いすることがあります。採否と発表形式は、最終的に会長一任としますので、予めご了承ください。

応募資格

原則として、演者・共同演者は本学会の会員に限ります。未登録の方は、早めに日本脳卒中の外科学会事務局にて入会の手続きをお取りください。
ただし、医師以外の方は、演者でも会員である必要はありません。

一般社団法人日本脳卒中の外科学会事務局

東北大学大学院医学研究系研究科 神経・感覚器病態学講座 神経外科分野内
〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1
TEL: 022-717-7230 FAX: 022-717-7233
E-mail: jsscs[あ]nsg[ど]med[ど]tohoku[ど]ac[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)
ホームページ: http://nsg.med.tohoku.ac.jp/jsscs/

演題募集期間

公募演題の募集は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。
指定演者の方で未登録の方は、運営事務局までお問い合わせください。(stroke2017[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

2016年8月23日(火)~ 10月6日(木)正午
10月17日(月)12:00

演題応募区分

合同シンポジウム【指定】

STROKE2017 合同シンポジウム
  • 脳卒中医療の制度、政策
日本脳神経血管内治療学会・STROKE2017 合同シンポジウム
  • 超急性期脳梗塞の診断と治療
  • 頸動脈狭窄

※以上のセッションは、第42回日本脳卒中学会学術集会の演題募集ページよりご登録をお願いいたします。

シンポジウム【一部指定】

  • 破裂脳動脈瘤の全体としての治療成績は改善しているか
  • 小型未破裂脳動脈瘤に未解決の課題は何か
  • Flow Diverter時代の大型脳動脈瘤治療の現状と展望
  • リアルワールドを知る:脳卒中の外科治療は何が進歩したのか
  • 脳、脊髄、硬膜AVM(F)の集学的治療:今とこれから
  • もやもや病
  • フレイルと高齢者脳卒中外科・血管内治療の適応決定

ビデオセッション

  • 基本編:これからの基本手技はここまでやる
  • 応用編:“標準的” 脳血管外科医に求められている難度 “中等度” の手術はこれだ
  • 高難度編:挑戦的治療も求められる高難度病変の手術

CEP講習会・技術認定医教育セミナー【指定】

ハンズオンセミナー【指定】

共催セミナー【指定】

一般口演

ポスター

一般演題区分

区分1
ATIA、脳梗塞
B頚動脈狭窄症
C頭蓋内動脈閉塞・狭窄症
D脳内出血
E未破裂脳動脈瘤
Fくも膜下出血
G動脈解離
HAVMなど血管奇形
I硬膜動静脈瘻
Jもやもや病
K脳卒中の基礎研究
L脳卒中看護セミナー
Mその他
区分2
A病態
B診断
C内科治療
D外科治療
E血管内治療
Fモニタリング・手術支援
G脳卒中医療体制
H周術期管理
I合併症
J症例報告
K基礎研究
L急性期・手術室看護
Mその他

演題登録方法

本ページからUMINオンライン演題システムによる登録のみ受け付けます。
演題を最初に登録する際に、登録者本人にてパスワードを設定していただきます。登録が終了しますと自動的に登録番号が発行されます。
セキュリティ上の理由で、パスワードおよび登録番号に関するお問い合わせには一切応じられません。必ずご自身でパスワードと登録番号をお手元にお控えください。
一度登録した後も、ご自身で設定されたパスワードを使用して、締切日まで何度でも登録内容の確認や修正ができます。
入力項目は以下の通りです。

利益相反の申告
演題区分
演者氏名(発表者を筆頭に10名以内)
所属機関(5施設以内)
連絡先(住所、Tel、E-mail)
演題名(全角50文字/半角100字以内(スペースを含む))
英語演題名(半角100字以内(スペースを含む))
抄録本文(全角720文字/半角1,440字以内(スペースを含む))
キーワード(3個)

※氏名数、抄録文字数などの制限を超えるものは受け付けられませんのでご注意ください。

※オンライン登録締切日直前は、回線の混雑が予想されます。アクセスできないこともありますので、時間的な余裕を持ってご登録ください。

※UMINオンライン演題登録システムは、Internet Explorer、Safari(ver.2.0.3以降)、Firefox、Google Chromeで動作確認を行っております。その他のブラウザでは登録ができませんので、予めご了承ください。

特殊文字・文字装飾

JIS第1、第2水準で規定されている文字を使用してください。シンボル文字の場合はシンボルフォントを用いずに全角文字を使用してください。

入力データについて

プログラム集、抄録号では本人が登録したデータをそのまま使用します。入力ミスがあってもそのまま印刷されますので十分にご注意ください。
登録締切後の変更は一切できません。共同演者の追加、変更もできませんのでご注意ください。

演題採否

演題の採否、発表形式(一般口演またはポスター)および演題応募区分の決定は会長にご一任ください。演題の採否につきましては、登録者本人にE-mailにて通知いたします。

暗号通信(推奨)

新規演題登録 演題修正・確認

平文通信

新規演題登録 演題修正・確認

※オンライン演題登録システムFAQ:http://www.umin.ac.jp/endai/userfaq.htm

問い合わせ先

STROKE2017 運営事務局
日本コンベンションサービス株式会社 関西支社内
〒541-0042 大阪市中央区今橋4-4-7 京阪神淀屋橋ビル2F
TEL: 06-6221-5933(平日 9:30~17:30)
FAX: 06-6221-5938
E-mail: stroke2017[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

このページのトップへ