個人輸入NG!クリニックで安く安全に処方

令和元年4月の最安値情報

フィナステリド最安値クリニック

フィナステリド(プロペシアジェネリック)取り扱い開始

日本皮膚学会認定医療機関

フィナステリド処方月額3,400円~!
日本皮膚学会認定安心のAランク評価施設
全国51か所のクリニックで医師が直接処方

 
AGAスキンクリニック医院情報
プロペシア 6,700円/月 フィナステリド 3,400円/月~
初診料 0~5,000円 再診料 0円
採血検査 任意 クリニック 全国51か所

プロペシアの服用をされている方や服用を検討されている方で、女性化について心配されている方がいらっしゃいます。

インターネット上にも、特にプロペシアを長期に服用した方が女性化し、胸が大きくなったなどの情報が掲載されています。

実際、プロペシアの添付文書にも乳房肥大といった副作用の記載がありますので、今回はプロペシアの服用による女性化について、症状や原因、発生率やその対策についてお話しします。

1.症状と原因

プロペシアによる女性化に関しては、添付文書には乳房圧痛、乳房肥大と記載されています。

これは、胸が大きくなることに加えて、胸の痛みが伴う場合もあるということです。

こうした症状は、プロペシアの副作用としてホルモンバランスが変化したことにより、発生すると考えられます。

また、薬との因果関係は不明とされていますが、男性の乳がんの報告も記載されています。

2.発生率

では、こうした女性化の発生率はどうなのでしょうか?

実は女性化の発生率は、頻度不明と記載されており、かなり低くかつ海外でのみの発生で、日本の臨床試験では全く報告されていません。

つまり、プロペシアを服用して女性化する可能性はありますが、その発生率は極めて低く必要以上に気にする必要は無いということです。

ご参考までに、プロペシアと作用メカニズムが似ておりより効果が高いとされるAGA治療薬ザガーロについても、557名を対象にした国際的な臨床試験を実施した結果、乳房への異変が見られた方が1名おりましたが、これも発生率としては、1%未満で、効果が高いので女性化の発生率も高いかというとそうではなく、非常に低いという結果でした。

3.対策

では、より安心してプロペシアを服用する為にはどうすればいいのでしょうか?

大切な事が2つありますので、ご説明します。

用法・用量をきちんと守ること。

プロペシアに限らず、お薬の用法・用量は効果と安全性を考慮に入れて決められていますので、プロペシアも、決められた用法・用量の範囲内では女性化の心配はほとんどありませんが、効果を高める為決められた用法・用量を超えた服用を行うと、効果よりも副作用のリスクが高まってしまいます。

例えば、日本国内で販売されているプロペシアの有効成分フィナステリドの含有量は、最大1㎎までですが、プロペシアの有効成分を高濃度で含有するプロスカーというお薬を個人輸入で入手されている方がいらっしゃいます。

有効成分を高濃度で含有することで効果が高まることを期待されていると思いますが、これは前立腺肥大症の治療薬ですので、薄毛に対する効果が高くなることは無く、副作用の危険性のみが高くなってしまいますので、個人輸入による自己治療はおすすめできません。

個人輸入したプロペシアジェネリック品は使用しないこと。

海外、得にインドにはプロペシアのジェネリック品を製造しているメーカーが多くありますが、こうしたジェネリック品の中には、有効成分量が正確で無いものがあります。いくら用法を守っても、含有量が記載されたものと違っていれば、用量が変化してしまいます。

こうしたことを避けるには、医師の処方に基づいてプロペシア正規品やジェネリック品を購入することが安全です。

プロペシアによる女性化のリスクをより低く抑える為に、以上の2つのことは、必ず守って服用してください。

では、もし女性化と考えられる症状が疑われた場合の対応はどのようにすればいいのでしょうか?

まずは、すぐに処方を受けた医師に相談し、プロペシアの投与を中止するなど、医師の指示に従ってください。

また、多少効果面は下がってしまいますが、1日の服薬量を減らす、2日に一度の服用に変えるなど、服薬量を調節することも有効とされています。

いずれにしても、自分の勝手な判断で行動することで、副作用を悪化させることもありますので、まずは医師に相談することを優先し適切な指示を受けてください。

4.まとめ

・プロペシアによる女性化症状は、乳房圧痛、乳房肥大があり、胸の痛みを伴い、胸が大きくなるというもので、プロペシアの副作用としてホルモンバランスが変化したことにより、発生すると考えられます。

・プロペシアによる女性化の発生率は、添付文書に頻度不明と記載されており、かなり低くかつ海外でのみの発生で、日本の臨床試験では全く報告されていません。

・より安心してプロペシアを服用する為に重要なことは用法・用量をきちんと守ること、医師の処方に基づいてプロペシア正規品やジェネリック品を購入することの2つを守ることです。

以上、プロペシアの女性化について、症状、原因、発生率、対策についてご説明しました。

一部報道で大きく取り上げられることで、心配されている方もいらっしゃると思いますが、正規品や国内のジェネリック品を、正しい用法・用量で使用することで、殆ど心配する必要は無いことがご理解いただけたと思います。

個人輸入はキケン!月3,400円~クリニックで安く処方!

 icon-comments AGAスキンクリニック医院情報

プロペシア 4,200円/月 フィナステリド 3,400円/月~
初診料 0~5,000円 再診料 0円
採血検査 任意 クリニック 全国51か所
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA