【フィンペシア歴5年】私がプロペシアからフィンペシアに切りかえて気づいた違い3つ

私は、AGAの治療にしばらくプロペシアを服用していました。

しかし、経済的な理由からもっと安価に継続できる薬剤は無いかと探すようになりました。

そして辿りついたのがフィンペシアでした。

フィンペシアは安い!けどプロペシアと違う

プロペシアに比べ非常に安価なフィンペシア。

個人輸入のリスクはありましたが、思いきって服用してみることにしました。

実際に服用してみると、私なりに気づいたことが幾つかありました。

 

プロペシア⇒フィンペシアにして気づいたこと

頭(特に耳の上部分)のできものが増えた

これはフィンペシアに限ったことではないのかもしれません。

頭に小さなできものができやすくなったような気がします。

そしてそのできものは、かゆみを生じることが多いです。

ひどいかゆみではないのですが、蒸れたりするとかゆみが強くなります。

プロペシア服用時にはなかった症状です。

おそらくフィンペシアの服用が関係しているのではないかと思います。

私の場合は側頭部にできやすく、頭頂部や後頭部にはできません。

さわってみて、少しだけわかる程度の小さなできものです。

フィンペシアの服用を始めてからの約5年、側頭部にできたり治ったりを繰りかえしています。

 

少しだけ心臓がドキドキする時があった気がする

私がフィンペシアを服用するのは毎朝の起床時。

夜にアルコールを楽しみたい私としては、薬の服用とアルコール摂取の時間をずらしたいと思う気持ちからそのような服用時間に決めています。

毎朝服用する習慣にしてからしばらくすると、たまに心臓がドキドキすることが多いことに気がつきました。

最初は気のせいかと思っていたのですが、症状が起こるのは必ず朝に服用した後でした。

ドキドキとはいっても、苦しいとか痛いとかではなく、たまに心臓が「トントン」と元気よく脈打つような症状が一瞬だけ起こる感じです。

まるで血液を運ぶ量を調整しているような動きでした。

私は心配になってすぐにインターネットで調べました。

すると、フィンペシアに含まれる「フィナステリド」の効果として、血圧を抑えるものがあることを知りました。

というよりは、もともとフィナステリド成分は血圧抑制に対する薬剤だったのですね。

おそらくたまに起こる心臓のドキドキは、この血圧を抑える成分効果に関係しているのではないかと思います。

今ではほとんどない症状ですが、フィンペシアの服用を始めてから1、2カ月くらいはたまに出る症状でした。

 

あきらかに毛髪量が増えた

そして、フィンペシアを服用してあきらかに体感できた効果としては、毛髪量が増えたということです。

これは間違いなく断言できます。今では人前に出ることも苦痛でないくらいに毛髪量が回復しました。

これは間違いなくフィンペシアのおかげだと思っています。

私の場合は前髪の生え際が薄くなっていましたが、今では気にならないところまで回復しています。

毛髪が増えたというよりは、薬により抜け毛が減った結果だと思っています。

発毛を促進する薬剤も検討しましたが、まずはフィンペシアの様子を見てからと思っていました。

結果、私はフィンペシアだけでも十分な増毛効果を得ることが出来ました。

プロペシアを継続していても毛髪量は増えたかもしれないし、もっと増えたかもしれません。

でもそれは今となってはわからないし比べることができません。

はっきり言えるのは「フィンペシアでも毛が増えた」ということだけです。

 

私はこれからも服用していく

フィンペシアの服用を始めてから、上記のように少しだけ気になる点もありました。

しかし、今のところ大きな副作用はなく、会社の健康診断でも異常はありません。

AGAの脱毛症状を抑えて安定した育毛サイクルを維持する為には、これからもフィンペシアに含まれる「フィナステリド」の成分に頼るしかありません。

個人輸入のリスクはありますが、経済的にも育毛効果にも優れているフィンペシア。

これからも副作用の見極めには十分注意して、末永くつき合っていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA