【薬剤師がわかりやすく解説】プロペシアを飲むと精子に影響が出るってホント?子作りはできる?

個人輸入NG!クリニックで安く安全に処方

令和元年4月の最安値情報

フィナステリド最安値クリニック

フィナステリド(プロペシアジェネリック)取り扱い開始

日本皮膚学会認定医療機関

フィナステリド処方月額3,400円~!
日本皮膚学会認定安心のAランク評価施設
全国51か所のクリニックで医師が直接処方

 
AGAスキンクリニック医院情報
プロペシア 6,700円/月 フィナステリド 3,400円/月~
初診料 0~5,000円 再診料 0円
採血検査 任意 クリニック 全国51か所

現在、プロペシアを服用されている方、服用を考慮している方が、子作りを希望される場合、いくつかご注意いただくべき事があります。

プロペシアと上手に付き合って、子作りや、子育てをする為には、プロペシアをご使用になるご本人が気を付けること、妊婦が気を付けること、お子様が気を付ける事がそれぞれ違います。

では、それぞれの方が気を付けることについて説明していきましょう。

1.精液への影響はあるの?

プロペシアを使用中、または使用を考えていらっしゃる方で、子作りを考えている方が気になる点は、ご自身の精液への影響だと思います。

プロペシアの添付文書によると、フィナステリド1gを1日1回48週間投与時に、リピドー減退(性欲低下)が1.1%、勃起機能不全については0.7%見られました。

しかし、本来フィナステリドは、男性ホルモンではなく、DHTの生成を減らすお薬ですので、男性ホルモンが影響するこれらの症状が発現する原因がプロペシアだとする科学的根拠はありません。

さらに、精液への移行については、フィナステリド1㎎を1日1回6週間経口投与した時に、精液への移行量は微量(投与量の0.00076%以下)でした(海外試験成績)。

このことから、フィナステリドの精液中への移行量は極めて低いと言えますし、精子になんらかの異常が見られたという報告もありません。

この様な理由から、使用上の注意の中にも服薬中の子作りについての制限記載もありません。

但し、1日1回1㎎服用時ということが前提ですので、医師の指導に従い、用法・用量への配慮は、十分に行ってください。

どうしても心配な方はプロペシアの休薬をして1カ月程度で、完全にフィナステリドが排泄されますので、その後子作りをすることをお勧めします。

2.妊娠中の女性はプロペシアに触ってはダメ!

プロペシアは、女性の薄毛に対する効果は、確認されていません。

更に妊婦が服用すると、男子胎児の生殖器の発達が正常に行われない危険性があります。これは、男性ホルモンから作られるDHTが胎児の男性器の発達に関わることによるものです。

プロペシアは、コーティングされている為、通常は触れても問題ありませんが、分割、粉砕などされたものは、有効成分フィナステリドが経皮吸収される性質がありますので、妊娠中の女性は、服用は勿論、薬に触れることも厳禁です。

この様な理由から、妊娠中の女性がいる場合は、プロペシアの保管場所に十分注意する必要があります。

余談ですが、プロペシア服用中の男性の献血は、女性への影響を防ぐため、禁止されています。

3.授乳中の子供への影響は?

プロペシアは、妊婦が服用した場合と同様に、授乳中の女性が服用することで、乳児が母乳からフィナステリドを摂取してしまうと、胎児同様生殖器の発達が正常に行われない危険性があります。

これは、胎児の場合と同様に、DHTが乳幼児の男性器の発達に関わることによるものです。

授乳中の女性についても、服用は勿論、薬に触れることも厳禁ですので、保管場所に十分注意する必要があります。

4.小児が注意すること

プロペシアは、小児に対しての有効性や安全性は確認されていません。男児が服用すると生殖器の発達に影響を及ぼす危険性があります。

プロペシアを保管する場合には、小児が誤って飲んでしまわない様に、小児の手が届かない場所に保管することが大切です。

5.まとめ

・プロペシアの有効成分フィナステリドの精液移行率は極めて低く、精子に影響を与えるものでもありません。

添付文書にも服用時の子作りについて使用上の注意は記載されていませんので、服用を続けながら子作りをしても問題はありません。

 

・プロペシアを服用しながらの子作りに不安な方は、1カ月休薬し、体内のフィナステリドが完全に排泄されてから、子作りをしましょう。

 

・プロペシアを妊婦が服用すると、男子胎児の生殖器の発達が正常に行われない危険性があります。また、分割、粉砕などされたものは、有効成分フィナステリドが経皮吸収される性質がありますので、妊娠中の女性は、服用は勿論、薬に触れることも厳禁です。

 

・プロペシアは、授乳中の女性が服用することで、乳児の生殖器の発達が正常に行われない危険性があります。

授乳中の女性も、服用は勿論、薬に触れることも厳禁ですので、保管場所に十分注意する必要があります。

 

・プロペシアは、男児が服用すると生殖器の発達に影響を及ぼす危険性があります。

プロペシアを保管する場合には、小児が誤って飲んでしまわない様に、小児の手が届かない場所に保管することが大切です。

6.さいごに

以上、プロペシアを使用されている方や服用を考えている方が、子作りを希望される場合の注意点についてご説明しました。

意外ですが、使用されている男性本人よりも、妊婦や授乳中の女性を通じた胎児や小児への影響が大きいことがわかります。

この様なことから、プロペシアを服用中の子作りは可能ですが、ご夫婦で注意点を良く理解してから、子作りをされることが大切ですね。

個人輸入はキケン!月3,400円~クリニックで安く処方!

 icon-comments AGAスキンクリニック医院情報

プロペシア 4,200円/月 フィナステリド 3,400円/月~
初診料 0~5,000円 再診料 0円
採血検査 任意 クリニック 全国51か所
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA