包茎手術について知りたい!包茎手術に関するあれこれを説明。

個人輸入NG!クリニックで安く安全に処方

令和元年4月の最安値情報

フィナステリド最安値クリニック

フィナステリド(プロペシアジェネリック)取り扱い開始

日本皮膚学会認定医療機関

フィナステリド処方月額3,400円~!
日本皮膚学会認定安心のAランク評価施設
全国51か所のクリニックで医師が直接処方

 
AGAスキンクリニック医院情報
プロペシア 6,700円/月 フィナステリド 3,400円/月~
初診料 0~5,000円 再診料 0円
採血検査 任意 クリニック 全国51か所

今回は、AGAと双璧を為す男性コンプレックスの一つ「包茎」を治す包茎手術についての説明です。

包茎手術についての説明
  • 包茎手術の種類
  • 包茎手術の値段
  • 包茎手術メリットデメリット
  • 包茎手術まとめ

包茎手術メリットデメリット

包茎手術にはメリットとデメリットがあります。

包茎手術のメリット

  • 確実に包茎を治すことができる

包茎の治療法はなにも手術だけではありません。

巷には各種包茎矯正グッズが売られており、こういうもので包茎を治そうとする人がいることは事実です。

しかしながら包茎矯正グッズは確実に包茎を治すという保証はありません。

その点包茎手術は、余った包皮を切り取るため確実に包茎を治す効果が見込めます。

包茎手術のデメリット

  • 傷跡ができる

包茎手術は包皮を切り取るために傷跡ができてしまいます。最近の亀頭直下埋没法のなどの術式では傷跡はだいぶ目立ちにくくなりましたが、それでも傷跡はのこります。

  • 痛みやダウンタイムがある

包茎手術直後は痛みがありますし、入浴制限などもあります。また、包茎手術の術後は1か月程度オナニーやセックスが禁止となります。この時間をストレスと感じる方は結構多いです。

※ちなみにオナニー等禁止ですが、その期間やむを得ず勝手に勃起してしまったり夢精してしまったからといって即何か重大な問題が起こるわけではありません。

包茎手術の種類

包茎手術には、大きく分けて3つの種類があります。

環状切開術

ペニス(サオ)の中ほどにキズができる手術方法です。

大学病院の泌尿器科でも採用されているほどのスタンダードで比較的簡単な方法ですが、傷が目立ちやすいなどのデメリットもあります。

環状切開術のメリット

  • 手術が簡単で術後のトラブルが少ない
  • 健康保険を使って安く手術を受けることができる(真性包茎の人のみ)
  • 性感が損なわれにくい?

環状切開術のデメリット

  • 傷跡が目立ちやすい
  • ツートンカラーになりやすい

亀頭直下埋没法

亀頭の下の溝(冠状溝)にそうように傷跡を作っていくため、目立ちにくい手術方法です。

美容外科や包茎専門クリニックといった自費治療専門のクリニックでしか受けることのできない方法です。

亀頭直下埋没法のメリット

  • 傷跡が目立ちにくい
  • 亀頭真下の皮膚(内反)が除去されるので、性病のリスク減少

亀頭直下埋没法のデメリット

  • カリ周囲にキズができるので性感が若干おちることも?
  • 健康保険が使えないので若干高額に

包茎手術の値段・金額

包茎手術は、大きく分けて健康保険を使って受ける方法と健康保険を使わない方法(自費)とがあります。

健康保険を使って包茎手術を受ける場合

健康保険を使って包茎手術を受ける場合、真性包茎の人のみが適応となります。

健康保険を使った包茎手術は環状切開法のみ

真性包茎の方が包茎手術を受ける際に健康保険を使おうとすると、手術方法は環状切開法に限定されます。

その場合は、初診料・手術費用・再診料等ふくめて総額で2~3万円程度となります。

当然ながら健康保険を取り扱っている医療機関(病院の泌尿器科など)で手術を受ける必要があります。

健康保険を使わないで包茎手術を受ける場合

健康保険を使わない場合、仮性包茎の人でも真性包茎の人でも手術を受けることができます。

また手術の方法も、環状切開術でも亀頭直下埋没法でも好きな手術方法を選択することができます。

健康保険を使わない環状切開法は3~10万円程度

健康保険を使わず環状切開法を受ける場合、費用は3~10万円程度になります。

健康保険を使わない亀頭直下埋没法は10~25万円程度

前出のように、真性包茎の人でも仮性包茎の人でも亀頭直下埋没法で包茎手術を受ける場合は健康保険が使えません。

その場合は、美容外科や包茎手術専門クリニック、町の泌尿器科などで手術を受けることになります。

健康保険を使わない包茎手術は、医療機関側が自由に価格を決めることができますのでかなりばらつきがありますが、

だいたい10~25万円くらいが亀頭直下埋没法の相場となります。

包茎手術まとめ

包茎手術は、確実に包茎を改善できるのが最大のメリットです。

一方で痛みや費用・傷跡や術後の制限といった煩わしいデメリットもあります。

さらに、包茎手術を受けるうえでは

  • 真性包茎か仮性包茎か
  • 環状切開法か亀頭直下埋没法か
  • 健康保険を使うか使わないか

などそのひとそれぞれによって選択肢がわかってきます。

自分の包茎の状態と選択肢を吟味しながらベストな選択をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA